育児

【30代での出産体験談】わたしが30代での出産で感じたこと、困ったこと

30代ママAさん
こんにちは♪わたしは30代半ばで娘を出産しました。出産・育児は人それぞれなので一概には言えないかとは思いますが、今回、30代半ばで出産をして感じたことや困ったことをわたしなりに紹介していこうと思います。
こういった例もあるのだな、という目でご覧いただけたら嬉しいです。

体験して分かった!出産・育児は体力勝負!!

いざ、赤ちゃんが産まれて分かったことは予想よりも睡眠時間が取れないことです。
新生児の時期は3時間ごとに授乳をしなければなりません。
夜中であろうと3時間ぐらいで泣いて呼ばれます。
そこで授乳を行い寝かしつけをして、すぐに自分も眠れればいいのですが授乳を行うことによって覚醒してしまっていると、寝付くのに時間がかかったりするんですよね。
そうこうしているうちに、次の授乳の時間がやってきたりと、とにかくまとまって寝ることが難しいんです。

これが、仕事であれば休日がやってきますが、育児に休暇日はないですものね。
ゆっくりと体を休めることは難しいです。
ともなると必要となるのは体力や回復力です。
こればっかりは年齢が関係してくるかもなぁ、と実際に30代で出産してみて感じました。

産後数ヶ月後に老け込んだ自分にびっくり!

赤ちゃんを産んでしばらくはそれこそ必死でまじまじと鏡を見る暇も気に掛ける暇もないほどでした。
ですが、産後数ヶ月もすると、段々と余裕も出てきましたが、そんな時自分の姿を見てびっくりしたのです。
髪はツヤがなくなってるし、顔もハリが薄れほうれい線のラインが目立ってきたような気がしました。
なんだか赤ちゃんに栄養を吸い取られ、一気に老け込んでしまったような感覚でした。

さすがにこれはまずい・・・と思い、慌ててパックを買い込んだりしましたが、周りのママ友を見ていると、若くに産んだ子は産後のダメージも少なく見えました。
そして私同様に30代半ばで出産を迎えた子は、やはり産後の回復が遅いようでした。
こちらも年齢には敵わないものがあるのかもしれないと思ったエピソードの1つです。

解決策は、サプリで栄養補給!「すっぽん小町」

睡眠時間が確保できず、疲れが取れない時は私は栄養ドリンクやサプリで乗り切りました。
相性などそれぞれあるかと思いますが、私はアプリの広告などでよく見かけた「すっぽん小町」を試してみました。
疲労回復の効果はもちろん美肌効果もあるというので、そちらの効果にも期待しました(笑)
少しでも若々しく見えたらいいな…と。

こちらですー!見かけたことありませんか?この1粒に栄養が詰まっているんですよ♪

美容効果は私は実感は出来ませんでしたが、疲労回復効果は抜群でした。
飲んで数日で体が軽くなるのを感じたのです。
今までだったら夕方にはもう余り体が動かないような疲労感でしたが、ある時、夕方になってもまだ体が疲れていない!と気づいたんです。
それ以来、サプリが手放せなくなりました。

私のように疲労回復効果のあるサプリを体がつらい時は頼ってみるのも1つの手かもしれませんよ。

30代で出産体験!まとめ

産後の苦労などは個人差がありますが、若い方が体力がある分、疲労感は少ないかもしれないというのが30代半ばで出産をして1番感じたことです。
ですが、疲れてしまうものは仕方がありません。
嘆いていても変わらないので、何とか疲労回復できる方へと視野を変えてみました。

同じように年齢によるデメリットを他にも感じることもあるかもしれませんが、打開策は何かしらあるはずです。
少しでも良い状況へと向かっていけるように共に頑張って参りましょう!

今回の体験談:30代Aさん
乾燥肌。美白・アンチエイジングケアを心がけています!
幼稚園の娘がいます。兼業主婦です。わたしの体験が参考になればうれしいです!

(掲載情報は記事掲載時点のものです。売り切れやお知らせなくページ変更される場合がありますのでご了承ください)

必見!紹介特典があるサイト

紹介で新規登録するととってもお得ですよ!
【現在紹介できるのはこちら】
GRL(グレイル)は人気のプチプラファッションサイト。
こちらから登録すると800円の紹介登録特典が貰えますGRL(グレイル)紹介リンク
覆面モニターサイト「ファンくる」。以下のバナーから登録すると300円分の紹介登録特典が貰えます。
覆面調査ミステリーショッパーのファンくる

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 子育て情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




-育児
-

© 2020 ふわり。days